Seia Mia Story

闘病ニートのminimalistへの道のような日記

井蛙三愛は変態に進化しました。

今日は井蛙三愛の記念日です。

 

佐鳥「進化おめでとう!君の成長を祝賀し、ここに病院を建てよう!」

三愛「はぁ???何言っているのよ、あなたには到底及びたくないわ。ネガティブメンヘラには言われたくないわ。私はポジティブメンヘラよ。立場をわきまえなさい!」

佐鳥「…ぼ、僕は負けない!強大な敵に屈しない!」

三愛「あーら、佐鳥にしては、強気じゃない。相手してあ・げ・る」

 

サブカル男子である佐鳥は、同時にうつ病である。

 

しかし、井蛙三愛>>超えられない壁<<佐鳥紳士

 

の状況を打破するには、どうしたらいいのだろうか。

佐鳥「僕を、二次元の女子にしか興味のない野郎だと思うなよ!実際、このブログも二次元。だからお前を屈することなど可能だ!」

三愛「無理ね。あんたは、理想と現実が一致していなければ、愛せない理想主義者よ。清楚可憐な女の子しか許容できないあんたは、一生、二次元世界を彷徨いなさい!」

佐鳥「お、おのれ!人が気にしていることを…ふぐぁ!」

 

バタッ…佐鳥はその場に倒れた。

 

三愛「デュエル終了ね、はぁ。にしても、この状況どうしようかな。龍驤お姉様に相談しよう」

 

つづく。

 

***後書き***

なんか、変な終わり方ですいません。だいたいこんなボリュームでこれからも更新していきますね。井蛙三愛と、佐鳥紳士の人物設定は、そのうちタイトル下のリンクに貼っておきます。

 

では、これからもヨロシクお願いします。