想像日記

思ったこと伝えたいこと

分岐点

今日、病院で家族と一緒に相談してきました。

今後の生き方の改善です。このまま今の就労移行支援に通い続けるのではなく、障害者就職センターに通って一度リセットして自分に向いている働き方を見極める分岐点に来ているというのです。

今の就労移行支援には、登録した8月を頂点にモチベーションが下がり始め、続けられないというところまで落ちました。ただ好きなだけでは続けられないということが明確になりました。挑戦しなければ分からなかったことなので、今は後悔していません。

移ろいやすい自分の障害特性を考慮したら土台無理だった職種です。始めから出来るだろうかという不安はありましたが、持ち前のポジティブ思考で乗り切ってしまいました。始めること、新しいことを始める勇気はあるのです。

やはりパソコンを使った仕事が向いているのかなと思います。パソコンなら何時間使ってても嫌いではありません。特にApple製品は大好きです。一時期はwebデザイナーに憧れていました。やっぱりIT業界が向いているのかなと思っています。ただの事務では物足りないのです。

どこかの会社の内勤システム管理部門が向いているかもしれません。そうなるとドットコムマスターを勉強する必要があるのかもしれません。まあまだ方針が決まったわけではありませんが。ドットコムマスターの勉強に取り掛かることにします。時間はあるのだから。たっぷりね。

今日が生き方の見直しであったことは確かです。web担当とかの仕事が向いているような気がします。伊達にインターネットマーケティング部門で働いていた経歴があるのでは無いのです。まあ下っ端でしたけど。

ではまた。

広告を非表示にする