Seia Mia Story

闘病ニートのminimalistへの道のような日記

深淵なり

読書は深淵なり。

読めば読むほど際限なく読み耽る。

ちょっと30分読もうかと思えば、ものの1時間は経ってしまう。

時間を忘れ
自分を忘れ
人生も忘れる。

しかし叡智とはそのような時に育まれる。

大それたベストセラーの本を読めばそのようなことに至るのではない。

自分の求める最良の本に出会った時にそれを認めるのだ。

深淵なる本の代表格といえば紛れもなく聖書だろうが、あれは読む時間を本当に簡単に没入させる。

そうではなく、普通の本の中にもその魔力がある。それを見出した時、私は感無量に至る。

ではまた。


広告を非表示にする