Seia Mia Story

闘病ニートのminimalistへの道のような日記

今度こそiPod classicを活用する

御国だよ(^o^)/

現実逃避ということで、iPod classicのメモ機能の活用法について紹介するねん?

まず用意するのは、iPod classic。もう入手困難だから手元にあるもので我慢してね。

あたしは、iPod classic 160GB Blackモデルだよーん。classicが販売終了するという噂を聞いて購入していました。

普段は、スピーカーにつなげてアラーム機能でしか使っていないのです。話は戻り、classicとMacかPCを用意してね。これから話すのは、Macを前提とした話です。

まず、classicをMacに接続してiTunesを起動するのです。そして、接続画面で、ディスクとして使用するをチェックしてください。そうしないとメモ機能を利用することはできないのです。

そして、外付けハードディスクとして使える状態になったら、開いて、Notesっていうフォルダを開いてね。そこに、約2000文字もしくは、4KBのテキストファイルを用意してね。ここで注意して欲しいのは、フォーマットをMacならば、MacOSに、PCなら無印のテキストファイルにしないと、文字化けするのです。

なぜ、4KBなのかというと、それは仕様だからしょうがないのです。それで、メモビューアーとして使えます。  

Kindleでやよ!といえば、そうなんですよね。Kindleのほうが、手間がなくて一番簡単です。あたしも、今度はKindleでやります。でも、レトロな感じがする、iPod classicのメモ機能を活用するのが面白いと思うんですよ。

カレンダーとかも同期できるのですが、めんどいのでやらないです。iPhoneiPadがあれば十分です。ネット通信できないclassicでやるなんて、キチガイですね。まあ、あたしはやろうと試みましたけど?

そんな感じです。

どうでしたでしょうか?こんなご老体のiPod classicでも、活用しようとすれば活用できるのです。classic viewerとしてですね。紙の媒体と電子書籍の中間のような感じです。

ローテクと言えばいいのかな?もうお役目御免のiPod classicですから。

ではまた。