想像日記

思ったこと伝えたいこと

二日連続の悪夢

おはようございます。

 

天論です。

 

最近、二日連続の悪夢を見ています。

 

夢の中の私は、ゾンビに追いかけられたり、ゾンビをひたすらぶった斬る簡単なお仕事を任されています。時に、建物に籠城して建物を破壊するゾンビを遠距離射撃でヘッドショットしたり、上から圧壊させたり、無駄無駄無駄無駄ムダァ!とかしたり、なんかゲームの世界に迷い込んだように感じました。

 

作業な夢なので、悪夢でしたね。面白くなのかと言われれば、頭をパーッンとして時は、面白かったですが、そうではない、バッドエンドの時は、痛みこそ感じなかったのですが、悔しい思いでした。それが延々と繰り返されるのです。ゾンビゲー好きな方にとっては、夢のような内容でしょうが、私にとっては、その花の蜜はかぎたくありません。

 

まったく、意味不な内容でした。それでも何かメッセージがあるはずだという考え方によると、おそらく、心の栄養が足りていないということが考えられます。死んでいるのに動いている、生きるしかばね状態のゾンビが襲ってくるということは、今後もずーっと死んだような目で、死んだような体で、死んだように生きることになるぞ!という警鐘ということです。

 

何か、それを解決する手段はいくらか手元にあります。あるのにそれを実行しないのが、この夢の警告かもしれません。

 

ではまた。