Seia Mia Story

闘病ニートのminimalistへの道のような日記

新しい自分ver2.0

何のために生きているのか。

ここ最近、私の命題になっています。

障害者雇用で働いて何をしたら幸せになるのか?

という肝心な悩みです。

背伸びをしないのなら、無難なところで生きていくことはできるでしょう。

しかし、それで人生が楽しいのかということです。

できるのなら、好きな事をして生きたいです。

好きではない事をして死ぬなんて、私にはできそうもありません。きっとどこかで死ぬでしょう。

何度か死にそうになったのでこれは確かな事です。もう誰かの顔を伺って生きる人生はやめにします。

そのためには、心の中の罪悪感を手放す事が大事です。

これをしたら迷惑になるだろうとか、特に親に迷惑をかけるとか、不安定だからやめてくれなんていう言葉はもう聴きたくない!!

世間体?そんなの暖炉の燃料にさえならない煤だ。くだらない。

障害があるから?そんなのを理由にせず立派に理想の働き方を実現している人は沢山いる。しかも、その理想の働き方はそれぞれ定義が違う。全く同じ障害じゃないし、人生も同じじゃない。

もう安全な籠の中で生きる生活はやめにしましょうよということです。

そう私はここに決意しました。

だけど手段として、目的である夢を実現するために、軍資金を集めるために、障害者雇用で働くことは必要だと思います。私は私のバージョンをアップデートしないといけないと思います。

新しいぶどう酒を古い瓶にいれるなんてもったいないです。新しいぶどう酒は新しい瓶に入れるべきです。つまりは、新しい自分自身に変身するのに、古い考えや習慣などに固執する必要性は無いのです。

これをするためには、すぐに変身できるほどのことではありません。時間がかかります。でもその時間さえも意識次第で如何様にも変形できるものです。決意と覚悟があればです。

私はすでに覚悟を決めました。次は考えを変えることです。そうして思考が変わり、行動が変わり、習慣が変わり、生き方が変わると信じています。そうしてさらに信仰が変わることにもなりえます。

甘えを振り払い、古い自分ver.1.0を新しい自分ver.2.0にアップデートするのです。古き時代を振り変えることをせず、新しい時代に私自身を変容させていくのです。

同じ朽ちるのなら、好きなことをして朽ちていきたいです。


これが私の本懐です。

今から変えていきます。

ではまた。