Seia Mia Story

闘病ニートのminimalistへの道のような日記

新しい気づき

三愛です。

 
今読んでいる本より新しい気づきを得ました。
 
その本のことはあとで紹介します。まだ60ページしか読んでいないのです。300ページあるのです。5分の一ですね。
 
我思うに我ありという有名な言葉がありますが、この事を詳細に知りました。そんな感じです。その本は、ジョセフ・マーフィーという有名な方の本を現代風にアレンジした本なのです。
 
最近発売された本なのでわかる人はわかるでしょうが、ここで宣伝するためにブログを書いているわけではないので省きます。
 
ようは、自分自身が思う通りの人間になるという事なのですが、この事を最近まではうっかり忘れていました。耳元で囁く悪魔の言葉にそそのかされ、願わない考え方に身を任せてしまいました。それで運勢を衰退させてしまった事も直近でありました。
 
ネガティヴな意見に賛同してしまったのです。これは大きな痛手でした。
 
しかし、チャンスは無限大にあるということを知ったから、そこまで落ち込み気味にはならなかったです。受け流すことも身につけました。
 
「新しい世界よこんにちは」
 
と声高らかに宣言します。今まで見えていなかった世界が見えるようになりました。
 
「人生に賞味期限なんて無い。無限大の可能性に満ち溢れている」
 
と思えるようになりました。障害があるから、下斜め目線で人生を生きるなんてことはないのです。前向き、上斜め目線で生きれるんです。どこかで健常者の方と同じ人生は歩めないと残念に思っていましたが、誰も同じ人生なんて歩めないと思ってからは、気づいてからは、障害を持っていて良かったと思います。
 
これが私の人生だからということを。どこかに人生を置き忘れたのではなく、今までここに在ったのだということを。気付いたんです。だから私は前進します、希望的に前進していきます。後悔して後ろを見たらきっと塩の柱になって消えていくでしょう。だから後悔はしないと決めたんです。でも脅迫的に自分自身を束縛するような、約束ではないのです。もっと緩やかに、サーフィンのような波に乗りながら前進していく感じです。
 
歩いていいんだ。前に歩いていいんだ、という感じです。期限を決めるのは時には必要なことです。ずーっと決めっぱなしだと疲れてしまいます。だから休日があるのです。平日は期限を決めないとグダグダになってしまうのです。
 
なので、この新しい気づきを元に今日から歩みをしていきます。見方が変わっただけですがこれが大きな一歩になることは、間違いありません。しかし、これを毎日継続していくことが大事です。ブログを毎日継続できる力が私にはあるので、それをモデルに継続していこうと思います。
 
朝、思い。昼に、思い。夕方に、思い。そして夜寝る前に思うことで毎日継続していきます。ネガティヴなことを思い煩うことで病気になるにならば、ポジティブなことを唱え続ければ幸福になるはずです。逆もまた然りなのです。そう私は信じます。信じて実践していきます。
 
信じること、継続することが私の強みです。
 
では、よろしくです。