Seia Mia Story

闘病ニートのminimalistへの道のような日記

小説作成は休憩のうち?

三愛です(*´ω`*)

 

あー。あー。

 

なんか、眠気が軽くなりました。

 

ちょっと休憩にして、小説でも書こうかなって思っています。

 

「休憩ですよ?読書でもしたらいいんじゃないですか?」

 

と思いますよね。普通はそうなりますが、私にとって文章作成は休憩になるのです。

 

ちょっくら一話分ほど作成していきます。

 

ネタはあるんです。なので新鮮なうちに書いていきます。

 

絶賛、就活中ですが、息抜きにはいいですよね。これでストレスがハッサンしてくれるのなら万々歳です。でもまあ、軽躁にならない程度にやっていきます。軽躁になると果てしなく、過集中になり一万字になっちゃうからです。それは、土日にしようねという勢いです。寝る間も惜しんで投入するのは、仕事にしてほしいですから。あ、それだとワーカホリックですね。危ない危ない。

 

っとまあ、そんな感じでやっていきます。それが一息ついたら、また面接のイメトレですね。イメージトレーニングはいいものです。発声練習がいいのです。実際の模擬面接もいいのですが、私の場合、ゆっくり明瞭に話すようにしないと、英国王のスピーチよろしく、どもります。友人役の方が同席していただけるので安心なのですが、慣れないうちはちょっと緊張して、早口になってしまいます。

 

これをどうにかしていきたいのです。

 

では、よろしくです。