Seia Mia Story

闘病ニートのminimalistへの道のような日記

絵を描きました その8

どうも。天論です。

 

本当は昨日描く予定であった、挿絵を描いていきました。

 

作品は、「小さな魔法の奇跡」と「小熊のアイルの幸せ」の二つです。特徴的なシーンのイラストを描きました。「小さな魔法の奇跡」は二枚目なので、一枚目とは違った雰囲気のシーンを選びました。

 

小熊のアイルの幸せ」は、一枚目なので、冒頭のシーンを描きました。小熊描くのがむずかったです。鼻の大きさとかを調整するのがです。題材はあるので安心はしていましたけど、描くのは意外と難しいんですね。

 

では、一枚目。「小さな魔法の奇跡」の投石されるシーンです。

http://instagram.com/p/csvSA5E0uk/
石を投げる者たち

 

なんか、簡単にしすぎたでしょうか。黒い集団は怒りや怨念を表しているのですが、伝わりましたでしょうか。ちょっと荒っぽいですかね。

 

次は、「小熊のアイルの幸せ」の冒頭のシーンです。

http://instagram.com/p/csvNV0E0uf/
アイルと男

 

アイルがいるところに、男が上陸したシーンです。作中では大きな板で来た、と描いてありましたが、ボートにしておきました。

 

今回は、下書きを入念にやりました。ペン入れの時に鉛筆なので消しゴムで削除してしまうんですけど、アイルだけみょうに力が入っているのはそのためです。

 

ではまた。